Lightroomのプランはどれを選ぶ?|フォトプランがおすすめ

Lightroomのおすすめプラン Lightroom

Lightroomに興味があるから使ってみたいけど、どんなプランがあるのか分からない。そんな方に向けて記事を書いています。

Adobeシリーズにはたくさんのアプリや料金プランがあるので新たに始める方にとっては非常に分かりづらいです。

Lightroomを始めるにあたって最新プランを簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク




Lightroomとは

Lightroomとは

Adobe製の写真現像ソフトです。一眼レフカメラで撮影をしたRAW画像の色調を編集(レタッチ)したり、写真を一括管理したりすることができます。

編集管理機能がどのソフトよりもずば抜けて高いので、プロだけでなく世界中のカメラ愛好家やカメラ初心者に愛用されています。

▼公式HPはこちら

Lightroomには2種類ある(Lightroom vs Lightroom Classic)

Lightroomには2種類ある

Lightroomには2種類あります。

  • Photoshop Lightroom(通称:Lightroom)
  • Photoshop Lightroom Classic(通称:Lightroom Classic)

簡単に説明すると、写真をクラウドに保存してスマホやタブレットでレタッチができるようにしたのがLightroomで、パソコンでレタッチを行うフルスペックLightroomがLightroom Classicです。

Lightroomはいろいろな場所でレタッチをしてすぐにSNSにアップしたいなどフットワークの軽さを重視したい人に向いています。

一方でLightroom ClassicはRAWデータをたくさん撮影し、ガツガツパソコンでレタッチしたい人に向いています。

>>LightroomとLightroom Classicの違いとは?使い分けを解説

LightroomとPhotoshopの違い

LightroomとPhotoshopの違い

Lightroomと同じようなアプリでPhotoshopがあります。どちらも写真の編集ソフトであることには変わりませんが、いったい何が違うのでしょうか。

簡単に説明すると、Lightroomでは写真の色温度や明るさ、色調などを細かく設定し、写真の雰囲気を整えて見栄えを良くするために使います。すなわち1枚の写真を美しく作りこんでいくのがLightroomです。

一方でPhotoshopは邪魔な写り込みを消したり、切り抜いて他の写真と合成したりするために使います。映画のポスターを作ったり、雑誌のページを作ったり加工の自由度は無限大で、すべての写真加工ソフトではPhotoshopが最高峰です。その分一般ユーザーの使用頻度は高くありませんが、邪魔な被写体を消したり簡単な合成をしたりする機能は簡単にできるので大変便利です。

1枚の写真が完成するまでのLightroomとPhotoshopの使い分け

レタッチの流れ

実際に1枚の写真が完成するまでの使い分けをイメージしてみます。

《写真の美しさを表現》

  1. 一眼レフでRAW撮影
  2. Lightroomでレタッチして色彩や明るさを整えて美しくする
  3. LightroomでJPEGに書き出し
  4. 満足したら完成

《邪魔ものを消したい、合成したい》

  1. Photoshopで加工して邪魔ものを消す
  2. Photoshopで書き出し
  3. 満足したら完成

このようにまずはLightroomで1枚の写真の完成度を上げていきます。その上で写真の加工が必要であればPhotoshopを使って加工するというのがスタンダードな手順です。

Lightroomが人気なのは圧倒的な機能性

Lightroomが人気な理由

Lightroomが世界中で圧倒的な人気を誇るのは以下の理由です。

  • 他の現像ソフトに比べて機能が優れている
  • 複数のカメラメーカーのRAW画像を使える
  • 簡単に写真管理ができる

他の現像ソフトに比べて機能が優れている

RAW画像を現像するために必要な現像ソフトはカメラメーカーごとに無料で提供されています。私の愛用しているNikonの場合「Capture nx-d」という無料ソフトが配布されています。

ただしLightroomは無料ソフトではできないレタッチ機能が多数搭載されているので、写真の出来栄えが全然違います。私はLightroomを使うようになって始めて、「写真って面白い!」と思うようになりました。

複数のカメラメーカーのRAW画像を使える

RAW画像はメーカーごとに異なった拡張子を持っているので基本はそのメーカーが配布している現像ソフトでしか扱えません。そのため違うメーカーのカメラを2台以上保有している方にとってはカメラごとに現像ソフトを変えなければならず大変不便です。

しかしLightroomでは全てのメーカーのRAW画像を扱えるので一元管理することができます。

簡単に写真管理ができる

メーカーの無料ソフトは写真を現像するのみのです。一方でLightroomは写真を現像するだけでなく同時に写真を管理することができます。Lightroomではレタッチしながらフォルダ操作をするような感覚で写真を管理することができるので大変便利です。

Lightroomがあれば写真撮影がもっと楽しくなる

Lightroomは楽しい

Lightroomがあれば写真のクオリティが格段に上がるので写真撮影が楽しくなります。

Lightroomを使う前は一眼レフで写真を撮っても、想像するような綺麗な写真を撮ることができませんでした。それもそのはずで、一眼レフでの撮影はレタッチしてこそ写真の美しさを引き出すことができます。

無料ソフトでもある程度のレタッチはできますが、Lightroomを使うと写真の出来栄えは飛躍的に上がります。Lightroomのおかげで私のような素人カメラマンでもそれなりの写真が撮れるようになりました。

>>【RAW現像】純正ソフトよりLightroomを選んだ理由

▼公式HPはこちら

Lightroomを使うにはプランは3つ

Lightroomの3つのプラン

Lightroomを使うにはAdobe Creative Cloudの有料メンバーになる必要があります。

Adobe Creative CloudとはAdobeが開発しているグラフィックデザインや動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェアをサブスクリプション方式で利用できるサービスとクラウドサービスのことです。Adobeのアプリを使うための有料メンバーだと思っておけば大丈夫です。

Adobe Creative CloudのなかでLightroomを使えるプランは以下の3つです。

  • Lightroomプラン
  • フォトプラン
  • コンプリートプラン

3つのプランの比較

 Lightroomプランフォトプラン
おすすめ
コンプリートプラン
概要
  • Lightroomを単体で使用するプラン
  • 複数のデバイスからアクセスできる
  • 主にLightroom Classicを使用
  • デスクトップでレタッチするプラン
  • Adobeの全てのアプリが使えるプラン
写真の管理クラウド
  • デスクトップ
  • クラウド
  • デスクトップ
  • クラウド
難易度初級中級上級
対象ユーザー
  • 初心者
  • 一般ユーザー
  • プロカメラマン
  • デザイナー
  • クリエイター
月額使用料(税込)1,078円/月1,078円/月4,378円/月
クラウド容量1TB20GB20GB
追加容量(税込)1TBごとに1,078円/月1TBごとに1,078円/月1TBごとに1,078円/月
Lightroom
Lightroom Classic 
Photoshop 
Illustratorなど20以上  
最低限必要なパソコンスペック
  • パソコンのスペックが低い場合でも使える
  • Windows 10(64 ビット)以降
  • メモリ8GB以上
  • Windows 10(64 ビット)以降
  • メモリ16GB以上
こんな人におすすめ
  • スマホ/タブレットでレタッチしたい
  • クラウドで写真管理したい
  • 持っているパソコンの性能が低い
  • パソコンでレタッチしたい
  • RAW画像をたくさん撮る
  • 大量の写真を管理したい
  • 多くのアプリを使用したい
  • デザイン系の仕事についている

使い方に合わせてLightroomかフォトプランから選ぼう

多くの方にとってデザイナーやクリエイター向けのコンプリートプランは不要なので、Lightroomプランかフォトプランのどちらかを選択しましょう。

クラウド管理でどの端末からでもアクセスできるLightroomプランか、パソコンでがっつり作業したい場合のフォトプランか、どちらかから使い方に合わせて選ぶといいと思います。

フォトプランがおすすめ

私はフォトプランを使っているのでフォトプランをおすすめします。

その理由は、

  • 一眼レフで撮影した大量のRAW画像を処理するにはパソコンが必須
  • スマホやタブレットではレタッチの効率が悪い
  • LightroomよりLightroom Classicのほうが細やかなレタッチができる
  • Lightroomも使える
  • フォトプランであればクラウドとローカルのバックアップ体制がつくれる

からです。

大量のRAW画像を効率よくレタッチしたいのでフォトプランでLightroom Classicを使っています。LightroomよりLightroom Classicのほうが細やかな設定ができる分写真も美しく仕上がりますし、パソコンのほうが操作しやすいです。

またフォトプランであればLightroomも使えます。容量はLightroomプランに比べて小さいですが、写真を厳選してクラウド保存にしておけばスマホでもタブレットでもどこからでもアクセスすることができます。ひとまずフォトプランを契約しておけば、LightroomもLightroom Classicも両方使えて便利です。

フォトプランはバックアップをいう意味でも利点があります。Lightroomはクラウドに全てのデータを置くので、単体ではデータのバックアップができません。そしていつかはデータの上限に達します。 フォトプランではLightroom(クラウド)とLightroom Classic(ローカル)の間でとのデータを同期して共有することができるので、クラウドを保存用、ローカルをバックアップ用にして管理することができます。

▼公式HPはこちら

まとめ

Lightroomに関するプランを紹介してきました。

使い方に合わせてLightroomプランかフォトプランを選んでもらえればと思いますが、私のおすすめはフォトプランです。

Lightroom Classicの方がLightroomの機能を活かして高精度なレタッチができるので写真編集が楽しいからです。

Lightroomの契約には月額1,078円かかってしまいますが、これだけで写真の表現度が格段にアップするので決して損はしないと思います。

ぜひLightroomの世界に足を踏み入れてみてください。

以上、<Lightroomのプランはどれを選ぶ?|フォトプランがおすすめ>という話題でした。

タイトルとURLをコピーしました