LightroomとLightroom Classicの違いとは?使い分けを解説

LightroomとLightroom Classicの違い Lightroom

LightroomとLightroom Classicは何が違うのか分からない、どっちを購入したらいいのか分からないという方に向けて記事を書いています。

名前は似ていますが両者は全く違うソフトです。理解を深めて自分にあったソフトを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク




LightroomとLightroom Classicは元は1つのソフトだった

LightroomとLightroom Classicの違い

LightroomとLightroom Classicは元はAdobe Photoshop Lightroomという1つのソフトでした。これが2017年に2つに分かれ、もともとのソフトはLightroom Classicに、派生型でLightroomが生まれたました。

名前は似ていますが全く異なるソフトなので間違えて購入しないように注意しましょう。

LightroomとLightroom Classicの違い

LightroomとLightroom Classicの違いを見てきます。

 LightroomLightroom Classic
対象ユーザー初心者中級者以上
概要クラウド管理で複数のデバイスからアクセスするデスクトップでレタッチ
操作端末スマホ
タブレット
パソコン
保存環境クラウドHDD/SSDなどローカルハードディスク
容量1TB(追加購入可能)増設すれば制限なし
バックアップ自動手動
管理画面簡潔で操作しやすい設定項目が多い
SNSとの連携ワンタッチでアップロード可能連携なし
メリットネットがつながればどこでも編集できる機能が多く多彩な編集が可能
デメリット
  • クラウドの容量がすぐにいっぱいになる
  • 操作性が悪いので基本機能を使った最低限のレタッチになりやすい
  • パソコンがないと編集できない
  • 写真をハードディスクに保存しないといけないので面倒
用途すぐに編集してSNSにアップロードしたいクオリティの高い写真に仕上げたい
こんな人におすすめ
  • スマホ/タブレットでレタッチしたい
  • クラウドで写真管理したい
  • 持っているパソコンの性能が低い
  • パソコンでレタッチしたい
  • RAW画像をたくさん撮る
  • 大量の写真を管理したい
対象プランLightroomプランフォトプラン

手軽さについて

Lightroomの特徴はクラウド管理なのでインターネットさえ繋がっていればどの端末からでも出先でレタッチできるということです。ちょっとした空き時間を活用してレタッチできるのは大きな強みです。撮った写真をすぐに編集したい方に向いています。

一方でLightroom Classicはパソコンのローカルディスクに保存してから編集するソフトなので、大量のRAW画像をがっつりレタッチしたいユーザー向けです。パソコンにRAW画像を取り込んでからレタッチするので、私の場合は「よし、レタッチしよう!」とかなり気合を入れてからでないと重い腰があがりません。

機能性について

近年Lightroomの機能が著しく向上しています。以前のLightroomでは写真を部分的に修正する部分修正や、特定の写真の編集設定を別の写真にコピーするなどの機能がついていませんでしたが、現在のLightroomはLightroom Classicに比べても基本機能では遜色ありません。

ただしレタッチ全般で言えばまだまだLightroom Classicのほうが出来る作業の幅が広いので、より美しい写真に仕上げたい場合はLightroom Classicをおすすめします。

操作性について

Lightroomはスマホやタブレットで操作できるようで編集画面がシンプルに整理されています。ただしLightroomは操作性が悪く、細かい作業には向いてないので大雑把なレタッチになりがちです。私もLightroomで写真をレタッチする場合は、ほとんどの写真で「自動」+少しパラメータをいじる程度です。

一方でパソコンであればLightroom Classicの高性能なレタッチ機能を活かして写真を作りこむことが出来ます。写真の完成度を上げるという意味では圧倒的にパソコンで操作するLightroom Classicが優位です。

保存環境について

Lightroomは写真をクラウドに保存しておくのが大きな特徴です。クラウドに保存しておくことで、インターネットが繋がっていればどこでも同じ環境で編集できます。ただし容量がすぐにいっぱいになる可能性があるので注意です。

Lightroom Classicはパソコンのローカルディスクに保存するので出先では編集できません。

おすすめはLightroom Classic

おすすめはLightroom Classic

一般ユーザーが使用する範囲であればLightroomとLightroom Classicの基本的な機能に大きな差はありません。

基本機能に差はないとはいえ、スマホやタブレットは細かい作業に向いていません。写真を見るだけならいいのですが、編集しようとすると格段に効率が落ちます。パソコンならショートカットキーが使えますがタブレットは全て指先の操作です。大量のRAW画像をレタッチする人や、きめ細かいレタッチをしたい人は間違いなくLightroom Classicにしたほうがいいです。

私は普段サラリーマンをしていて週末に写真撮影をすることが多いです。どこかに出かければ何百枚という写真を撮影するため到底Lightroomでは処理しきれません。私もLightroom Classicを愛用しています。

▼公式HPはこちら

よくある質問

Lightroom Classicって古いのでしょうか?

そんなことはありません。Lightroom ClassicはAdobe Photoshop Lightroomから生まれた正統派編集ソフトなので常に最新の機能が備わっています。Lightroom Classicを使う上ではAdobe Creative Cloudのメンバーになりますので常に自動でアップグレードしたバーションを使用できます。

LightroomかLightroom Classicのどちらかしか使えないのでしょうか?

Lightroomのプランには2種類あります(高度なアプリも使用できるコンプリートプランはここでは除外)。

  • Lightroomプラン
  • フォトプラン

LightroomプランはLightroomしか使えません。フォトプランはLightroomとLightroom Classicの両方が使えます。

Lightroomプランとフォトプランの月額料金は同じなので、LightroomとLightroom Classicが使えるフォトプランを選んでおくほうが利便性が高いです。

Lightroom ClassicでRAWファイルデータを2台のパソコンで共有することは可能でしょうか?

2台で共有するには以下の方法があります。

LightroomとLightroom Classicをクラウドで同期し、2台目のパソコンからクラウドにアクセス

外付けハードディスクに写真を保存し、編集したいPCに外付けハードディスを指して使う

よくLightroomがおすすめと聞きますが無料編集ソフトではだめでしょうか?

Lightroomでも無料編集ソフトでも基本的な機能は同じです。Lightroomはさらにきめ細かいレタッチが可能なので写真のクオリティは上がります。無料編集ソフトを触っているとだんだんコツを掴んできてさらに上の世界が見たくなります。一度はLightroomを使ってみたいと思うようになるので、そうであれば早いに越したことはありません。

まとめ

LightroomとLightroom Classicの違いはいかがだったでしょうか。

Lightroomはクラウド管理で気軽にレタッチしたい方向けで、Lightroom Classicはデスクに腰を据えて大量のRAW画像を効率よくレタッチしたい方に向いています。

どちらか悩むのであればまずは両方使えるフォトプランで、LightroomとLightroom Classicを比較してみるのもいいかもしれません。

両方のアプリを使ってみて、プランの変更をすることも可能です。

まずはLightroomの世界に一歩足を踏み出してみましょう。

以上、<LightroomとLightroom Classicの違いとは?使い分けを解説>という話題でした。

タイトルとURLをコピーしました